+886-2-2521-0277

0800-21-0277(台湾内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

駐在生活情報

2016年10月27日 ビザ・渡航

台湾におけるビザの取得方法について

ビザ申請の書類

要点

1.主な駐在用のビザ
居留ビザ
2.申請・取得の基本パターン
ビザ申請に手続きはなく赴任、その後、現地で許可取得

1.主な駐在用のビザ

居留ビザ
台湾に駐在するために必要なビザの手続きは、まず現地での許可公文書を取得します。許可公文書が現地から送られてきた後に、日本で長期滞在用の「居留」ビザの申請を行います。現地での許可公文書は通常2~3週間で取得できます。別の方法としてまず短期の「停留」ビザで入国して、現地に到着後に「居留」ビザに切り替えるという方法をとることもできます。

2.申請・取得の基本パターン

赴任先で許認可(労働許可)を取得した後に日本でビザを取得・申請し赴任
(日本で手続き+現地で手続き<許可>現地が先)

■本人のビザ
申請に必要なもの
・パスポートコピー(残存期間6か月以上)
・写真
・ビザ申請書 2通
・経歴書
・卒業証明書(英文)
・許可公文書(現法で取得)

■家族ビザ
日本で、必要書類を揃えて「居留」ビザを申請する。必要書類の戸籍謄本は、台北駐日経済文化代表処による認証が必要となる。

申請に必要なもの
・パスポートコピー
・写真
・戸籍謄本 3通 (要認証)
・本人の居留証コピー

取得までの流れ(赴任者本人)
・必要書類の準備
・書類を現地法人へ送付 ※1
・現地で許可公文書を取得
・許可公文書を日本へ送付
・日本で申請 ※2
・ビザ発行(申請後、翌日発給)
※1:パスポート、写真、経歴書、英文卒業証明書
※2:パスポート、写真(4.5cm×3.5cm)3枚、申請書2通、許可公文書

ビザ取得、航空券手配の手配はこちら

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+886-2-2521-0277
0800-21-0277(台湾内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21台湾では日本人のお客様を中心に台北で賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながら台湾人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。