+886-2-2521-0277

0800-21-0277(台湾内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

駐在生活情報

2016年10月27日 日常生活

台湾の服装について

衣服をたたむビジネスマン

要点

1.台湾の服装について
2.台湾の服装事情

1.台湾の服装について

台湾は北が亜熱帯、南が熱帯地域にかけて広がっており、大きく分けて2つ、長い夏と短い冬があります。年間通して温暖な台湾ですが地域によって冷え込むこともあるので注意が必要です。台北の冬(11月の末から3月)の最低気温は10度前後となります。セーターや防寒着を持っておくと良いでしょう。後の季節はTシャツを基本として朝晩に上着を羽織る程度で過ごすことができます。ただ、基本的に日本よりも降水量が多い為雨具は必携です。また、夏は強い勢力の台風がよく通るため、移動や旅行の際は事前に台風情報を調べましょう。暴風雨対策として、雨合羽があると便利です。

2.台湾の服装事情

基本的には日本の季節に合わせた服装で大丈夫です。ただし場所によって寒暖の差がありますので目的に合わせた服装を事前に準備しましょう。また夏場は機内、バス車内、ホテル、デパートなどでは冷房が強く効いていることがあるので、薄手の長袖など1枚あると良いでしょう。また陽射しが強いので、サングラスや帽子、着替えなどを持ち歩くと便利です。

台湾でのビジネスの格好は日本と同じく控えめの格好が好ましいです。一般的に女性のパンツスーツは正装としては不十分とされている為、フォーマルな場では控えめのスカートやビジネスドレスを選びましょう。普段着としては、半ズボンは若い人のみ着用する傾向があります。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+886-2-2521-0277
0800-21-0277(台湾内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21台湾では日本人のお客様を中心に台北で賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながら台湾人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。